RSS | ATOM | SEARCH
前掛け祭り開催!!!

市役所に税金を払いに行ったら

鉢植えのオリーブに実がなっていた。

可愛い。

 

本日、店では前掛け祭、開催中!!!

老舗の酒屋さんからの仕入れで出たもの。

たたまれてタオルや徳利とともに

ものすごく古い地層に

忘れられて埋まっていたのを発掘!!

 

厚手のざっくりとした木綿地に

本藍染めで店の屋号やロゴが染め抜かれている。

 

お世話になっている商店に

出入りの業者さんが差し上げるものなので

なんの商店かによって前掛けの種類もいろいろ。

 

今回は酒屋さんだったので

キリンビールとか大吟醸とか。

 

男の子が料理するときにこれをつけていたら

めっちゃかっこいい。

 

さすがのプロ仕様でとても丈夫。

ポケットもついているのでとても便利でアリマス。

 

たしか、サザエさんに出てくる

酒屋のさぶちゃんもこんなのしてた。

 

さっそく長野で家具職人をしているという

お兄さんがキリンをお買い上げ。

すばらしくお似合いです☆

これをして明日からデンマークの家具の修復をされるそうです。

キリンもまさか自分がそんなお洒落な使い方をされるとは

想ってもみなかったに違いない。

ちなみにFniのしているのはカニです。

お猪口を運んでいる2匹のカニが可愛い。

何故カニなのか?はおいといて可愛い。

丈が短めなのでタブリエとして

女の子がするのにもちょうどいい。

古い本藍染めタイプ(限定4枚)が

1枚2000円で

もう少し新しいタイプ(限定5枚)が

1枚1500円。

カニは1000円で売り出し中でアリマス♪

 

 

author:, category:今日のお客さま, 18:32
comments(0), -
新しいBOXSHOPがOPENしました♪

その名はもじゃハウス。

ムサビ生2人のユニットです。

よろしくね♪

個人的にはつけると

胸から毒キノコが生えたみたいになるブローチが

ものすごく気になります。

 

〈今日のいたずら〉


↓我が家のびびりな四男(よんにゃん)が寝ている間に

  彼が大好きな毛皮のおもちゃを大量制作しお供えしてみた↓

特に何も起きなかった。つまらん。

 

〈今日の制作物〉

 

昭和30年代の可愛い男の子のジャケットを

マントにしてみた。

ジャケットと半ズボンのセットアップだったんだけども

やはりというか全く売れなかったので

解いて袖や襟元を生かしてマントに。

とてもいい生地で丁寧に作られているので

ぬいぐるみとかにするのは忍びなく、

何かこの形を生かしてできないかな〜と

思っていたのです。

裏地は偶然、色柄がぴったりの

昭和40年頃のデットストックの小花模様の布を使用。

普通の大人の女の子が着れるサイズです。

3000円で今日から売りだし中♪

 

一点ものなので早い者勝ちでアリマス。

author:, category:NEW SHOP OPEN!!, 19:03
comments(0), -
そうだ、骨董市に行こう♪

大江戸骨董市に行ってきました。
こんにちは、ふにです。



さすがに日本最大級の出店規模250店を誇るだけあって
かなりの数のお店が。
骨董市にしては遅い9時からの開店。
9時過ぎについたのですが
これから品物を広げる店もちらほら。

他の骨董市よりも断然イギリス、フランスなどの海外ブロカント率多し。

まるでパリの蚤の市に来ているよう。
いつも骨董を見る時は仕事モードになってしまうのですが
今回は久しぶりにお買物を楽しみました。

〜以下、色々買っちゃったモノたち〜

インクブロッタ―。


万年筆で書いた文字がすれないように余分なインクをふき取るもの。
朝ドラのとと姉ちゃんの机の上にも置いてあった。
取っ手を回して下の板を外し
吸い取り紙(ティッシュでも可)を挟んで使う。
コロンとした佇まいが可愛い。
なぜか木綿の着物を扱うお店の中で

他のがらくたと一緒になって古裂れにまみれていた。

モロゾフのキャンディー缶。


いかにも70年代を想わせる写真なのにレトロな花柄。
ボタンとか入れてミシンのわきに置いておきたい。

 

謎の箱。

赤い色に引かれて購入。

 

 

女の人が書いてあるからカーラーのピンとかが入っていたのか?

 

ふにの英語力では解読不能。

 

 

 

木のおさじ。

 

 

3本写っているが一番上の細いのが買ったもの。

下の2本は白樺とクルミの木でふにが作ったもの。
いつも柄のところのカーブがうまく作れないので
これを参考にしてがんばりたい。
レース糸の集団。

カラフルな色がキャンディーみたいで美味しそう。

 

編まないでこのまま飾っておきたい。

 



表の箱書も素敵。

 

 


琺瑯の水差し。

一見ただの水差しのようにも見えるのだが
裏返すとこの通り、穴が!!

そのうちエポキシパテでふさごう。
そして今回一番の大物。
ウールブランケット。

イギリスブロカントを扱っているお店にいた。


ウールブランケットはずーと欲しくて、
ピクニックとか焚火とか、星を見る時とかあったらいいなあ〜と
前(4,5年前)から憧れていたのです。
でも高いのと中々これ!!というのに出会えず。


たくさんの道具たちの中に赤や紺のチェックのブランケットが
5枚ほどたたんで積み重ねられていて、
その一番下に他の2倍は場所をとっているこの子が。
広げてもらうと

ダッフルコートの生地のように表がチェック生地、

裏が紺の無地の2層構造という珍しいタイプ。
厚みも2倍なので重さも2倍。
ベットの上にかける、というよりかは
荷馬車の中で敷物になっているのが似合っている。
お店のお兄さん曰く、
「2層構造は珍しいです、僕も初めて見ました、おすすめです☆」
でもほかの4枚より大きいのできっとお高いんでしょう?
「ほかの4枚のと同じ値段でいい
よっ」

おおう?

なんでも5月にイギリスで仕入れた→シーズンオフなので安かった。

でも日本も当然初夏→売れなかった。
来週にまたイギリスに買いつけに行く→現金に換えたい。

ものすごくわかります、その気持ち。

他の4枚もいい柄だったけど
このブルーとチョコレート色に
少しだけベリーの赤が効いているこの柄が気に入り。
お兄さんもこの中でこれが一番好きとのことで
ちょっと名残惜しそうに売ってくれました。

家に帰ってみてみたらこの間しまむらで買った
ハリスツイードの靴と柄がそっくりだった(笑)。

これでやっとGMOクリック証券CMごっこができる!!

GMOクリック証券CM:
スナフキンのようにリュックにブランケットを積んで
旅をしている女の子が主人公。
今度は代々木公園会場の方にも遊びに行きたい。
さっそく取られた。
「ワタシのですが何か?」

author:, category:お出かけ, 19:55
comments(3), -
たまや〜!!!

今年の初スイカ!!!

やっぱり夏はこれですね。

 

果物はマンゴーと桃が一番好きだけど

スイカを食べないと夏が始まらない。

 

もう一つ夏の名物といったら

花火大会!!!

 

昭和記念公園の花火大会に

数年ぶりに従妹と一緒に行ってきた。

 

花火の前に腹ごしらえ。

 

道端で焼かれていたつくね。

うまい。

うーーむ、ビールが欲しい。

しかし、バイクなのでお茶で我慢。

 

仕事終わりでやや疲れ感の見える30代。

左下に見えている奇怪なものはイカげそ。

夕立で中止になることもなく

久々に堪能した花火大会でした。

 

肝心の花火の画像は撮り忘れた。。。

 

  〈今日のお客様〉

 

浴衣をお買い上げいただきました。

まるでお姉さんに買われるのを待っていたかのように

ものすごく似合っていた。

 

ムーミンママのいつも持っている

しましまの飴のようなストライプ模様の

ちょっと珍しいビンテージの半幅帯を合わせて。

ぜひ素敵な夏の想い出を作ってください。

 

浴衣も帯もまだまだありますので

お気に入りの一枚を探しに来てね。

author:, category:お出かけ, 20:04
comments(1), -
梅雨明け!!!

ホタル石にはドードーとコイキングとコダックが生息しているらしい。

閑古鳥だけかと想った。

 

こんにちは、ふにです。

 

今日ポケモンGO!をやってるよ〜という

友人が来てくれたので見てもらったら

このカウンターの、今まさにブログを書いている真横にいるらしい。

 

うーーーむ。

仕事を手伝わせることは出来ないものか。

ビンテージ浴衣、お陰様で順調にお嫁に行ってます。

今の浴衣にはない模様や型染めの雰囲気が

美大生に人気。

新しく入ってきたりもしているので

ぜひお気に入りを見つけてね。

 

当店で浴衣を買ってくれた方には着付けをお教えします。

1時間やればだいたいみんな着られるようになる!!

 

今年は自分で浴衣を着てお出かけだ!!!

浴衣に似合うアンティークのかごバックもあるにょ。

 

今週の土曜日は昭和記念公園花火大会なので楽しみ。

 

ふには従妹と一緒に浴衣来て見に行くにょ♪

 

というわけで明後日7月30日(土)は午後5時までの営業であります。

 

 〈今日の可愛いお客様〉

 

お母さんと一緒にお買物に来てくれました。

指輪がよくお似合いですよ☆

小さなホタル石を買ってくれた。

8月31日になって宿題が出来てなかったら、滅びの言葉を使うんだ。

author:, category:今日のお客さま, 18:42
comments(3), -
ジェラートはコーン派

お母さん大好き次男(じにゃん)。
母がうちにいる時は半径3メートルを常にキープ。

「この場所は誰にも渡さぬ!!!」


おかげさまで無事に
オープンキャンパスが終わったので
土砂降りなのをいいことに
店をさぼって八王子の道の駅に。

ブルーベリーとラズベリーのジェラートと
レモンのジェラートを食べてみた。 

ジェラート売り場のおばちゃん曰く、

「いつもはブルーベリーだけだけど
今年はたくさんラズベリーが採れたからダブルベリー!!」

それはお得にょ。

コーンの方が好きだけど
寒い日は一気に食べられないから
カップにした自分、大人。

と想ったがそもそも大人な人は
こんな寒い雨の日にジェラートを
食べたりしないのかもしれない。

野菜とサクランボと紫陽花(←また?!)と
ちょっと奮発して東京X豚を購入。

X豚、本当に美味しい。
15年前のまだ若かった時に一度食べたきりだが
裏切らないうまさだった。
臭くなくてコクがあってまろやか。

今回は炭がなくてフライパンで塩コショウだったけど
七輪で炭火で焼いたらもっと美味しいに違いない。

帰って来てさっそく
3週間ぶりに掃除機をかけて
お部屋に紫陽花を飾ってみた。

でもすぐ我が家のお花ハンターがやってきて瞬殺。

 

author:, category:お出かけ, 13:34
comments(3), -
♪オーキャン1日目♪ファイッ!!!

オーキャン1日目なので
今日は頑張って早起きしました。

仕入れた品物たちに
たくさん値段をつけて出さなくては....と
張り切って歯を磨いていたふにに
母が一言。
「さっさと値段をつけてダースベイダー」

オーキャン用にチャージしていた
今日明日分のHPが一瞬で持っていかれた....。

きょ、今日もがんばるぞっ!!!

せっかくなのでこの間仕入れた
(そして自分用に隠匿した)
ちびバケツに紫陽花を
てんこ盛りに生けてみた。

いつもはがらくたばかりで
お洒落なディスプレーとは縁遠いホタル石も
今日はちょっと頑張ってみた。





晴れて本当によかった…。

author:, category:店関連, 19:39
comments(2), -
スペアキーはいつも心の中にしまっておけ

次男(じにゃん)を
撮ろうとしたら撮影拒否された。

こんにちは、ふにです。

急に夏らしくなってきたので
金魚鉢登場。

本当は金魚(本物)を入れて
店頭に置きたい。


農家の庭先で売っていた苺。

仕入れたばかりの古い根曲竹のかごに盛ってみた。
おいしそう。

刺繍のテーブルクロス大集合。
バスケットをもってピクニックに。

ビンテージ麦わら帽子も色々入りました。


いつものように店番をしていた午後。
突然、慌てた様子のお兄さんが飛び込んできました。

「鍵、ありますか?」

聞けば当店で買ってくれた南京錠を
ロッカーで使っていたらうっかり鍵を
スペアキーごと閉じ込めてしまったとのこと。

店にあるマスターキーはあいにく代用できないサイズばかり。
ピッキング工具はあるものの家だし。

一応ヘアピンでピッキンググツールを作って
使い方を説明したが一番小さい
サイズの南京錠なのでたぶんへアピン、鍵穴に入らない。

「どうしよう・・・。」
とうなだれるお兄さん。
「男がそんなすぐにあきらめるな!!これを使え!!!」
最終兵器金鋸の登場!!!
「今日中に返してくれればいいから」
店の閉店時間まであと1時間30分。
それまでに彼は南京錠を切ることができるのか。
「頑張りマス!!」
張り切って出ていった彼を見送ったがふと不安が。

お兄さんは海外からの留学生で
片言の日本語にひげもじゃの顔。

右手に金鋸、左手にヘアピンピッキングツール。

逮捕、されないかな・・・。

怪しいものではありませんって
紙に書いて背中に貼ってあげるべきだったかもしれない。

心配しながら待つこと30分後。
汗だくになったお兄さん帰還。

「切れました!!」
ボロボロになった金鋸の刃が
お兄さんの苦闘を物語っていた。

毎年、ムサビの新入生にロッカー用の南京錠が
50個ほど売れるんだけど
必ず毎年一人はキーの閉じ込みをやっちゃう子、出る。


みんな、スペアキーは別々な場所に保管しないと意味ないのだぞ。

author:, category:-, 19:57
comments(0), -
緑の庭園

店をさぼって
母と従妹と一緒に
"go green market"に遊びに来ています。

こんにちは、ふにです。

年に2回、名古屋と調布で開催される
緑ものとがらくたの市らしい。

京王フローラルガーデン・アンジェ
という
庭園の中で開催されるらしい。

最寄り駅:京王線 京王多摩川駅 下車徒歩1分

というだけあって本当に駅の隣は庭だった。

規模はそんなに大きくないが
自然な感じに咲き乱れる庭の中のマーケットで
とても気持ちがいい。

さわやかというより暑い日で
30分炎天下の中開園まちをしていた
我々はお買物もそこそこに生レモンスカッシュを。

生のレモンをその場で絞って入れてくれるのだけど
飲むと

〜ビフォー〜

〜アフター〜

↓こんな顔に↓

スゥッッッパイ〜〜〜〜〜!!!!!!

着物が着たいと従妹が駄々をこねたので
6月にしか着られない着物を。

従妹の着ているのは
珍しいレモンイエローの一重の銘仙に
アンティークの傷んだ紗の着物を解いて帯に仕立て直したもの。

ふにのはこれも珍しく洋風なラベンダー色の
チェックのモスリン(薄いウール)の着物に
オランダの風景を描いた布をつけ帯
(お腹に巻くところと背中に背負う部分が分かれている帯)
にしたもの。

ビンテージの麦わら帽子にレースの手袋、
白樺をアタのかごバックで
小物もばっちり決めてみた。

レモンスカッシュ売りのお兄さんに
「とてもよくお似合いですね」って誉められたぞ。

てへっ♪


陶器の儚い小鳥のブローチを帯どめにしてみた。


ふに母はアンティークのお花がいっぱい盛られた帽子を
ふにはベルギーかチェコの軍用シーツと
ベンシモンのスニーカーを買いました。

ベリー類や切り花がもっとあるかと期待していたけど
ドライフラワーとハーブと多肉植物が多かった。

ムサビのオープンキャンパスがなければ
ホタル石も出店したいなあ〜

ひさびさに気持ちのいい場所で
お買物できて面白かった。

帰りは深大寺でおそばを食べた。

鴨そば、うまい。

author:, category:お出かけ, 13:19
comments(0), -
夢は一面のクローバー畑!!

ホームセンターに行ったら
クローバーの種が売られていたので
買ってみた。

仕入れたけどたぶん売れないであろう
琺瑯のおまると
仕入れたけど売れなかったシャンプーの缶に
穴を開けて蒔いてみた。

さらさらしていてすごく小さな種たち。

次の日、もう根が出ていてびっくり。

〜3日後〜

おおっ!!
一面、”芽がいっぱいコレクション”

うわあ〜〜!!!
なんじゃこりゃぁ〜〜〜!!!!!

全体が種に持ち上げられてモリモリになっている。。。
少々蒔きすぎたようでアリマス。。

〜2週間後〜

本葉が出てやっとクローバーらしくなってきた。

おまるコンテナの方は何か・・・・ハゲに・・・・。

author:, category:楽しい工作教室, 19:58
comments(0), -
猫を並列につないだ時の発電量と直列につないだ時の発電量の違いを計算しなさい

ふと振り返ると三男(さんにゃん)と
四男(よんにゃん)が
直列つなぎになっていた。

何か発電するらしい・・・。

こんにちは、ふにです。



〈今日の修理物〉

何か最近足の裏がもにょもにょすると思って
靴の底を見たら底に大穴が!!!

気に入ってずいぶん酷使しているから仕方ない・・・。
けど靴底張替になると1万円以上修理費かかる・・・。

そんなお金はないのでアリマス!
自分で治すしかないのでアリマス!!
ちょっと怖いけどやってみよう!!!

まず、底の革を剥いてみます。
こうなっているのか靴の中。

何か中も、ものすごくボロボロだにょ。
治るのかすごく不安だけれど
これを治さないと物理的に家に帰れない。

無事な所まで剥がしたらカッターで切り取り

切り取った革を新しい牛革の端切れに当てて新しい靴裏革を切ります。


接着剤をまんべんなく塗って貼り合わせます。
靴屋さんならここで万力に挟んで乾くまで
圧着固定できるんだろうけど
そんなんナイ。

そんな時はタッカー(巨大ホチキス)を使う!!!

全体重をかけて鬼のようにバシバシ留めます。
で、代わりの靴はないのでこれを履いて店番。
0,1ミリほど表に出たタッカーの針が足裏に刺さって軽く苦行・・・。

次の日タッカーの針を抜く。
完璧だ!!!

まあ、何ということでしょう。
ボロボロだった靴裏が蘇りました。

 ・掛かった費用

・革細工の余りの端切れ100円くらい。
・接着剤 50円相当。
・タッカー(の針)30円相当。

さあ!!みんなもレッツトライ!!!

author:, category:楽しい工作教室, 19:58
comments(0), -
4月はいつもあっという間に終わっている

4月に入り、新入生たちが
たくさん来てくれて賑やかでデス。

中々ブログを書く暇もなかったのですが
ようやっと落ち着いてきました。

いつもブログやオンラインショップを
見て下さっているみなさん、すみません。

ぼちぼちリクエストのあった
小物たちをUPしていきたいと思っていますので
もう少々お待ちくださいませ。

この季節に合う
ビンテージのイヤリングたち、
少しですがアップしました。


・ルーサイトのインタリオ技法の薔薇イヤリング。
 5000円。

たおやかな薔薇を彫り込み、
周りをレースのような
繊細な金属が取り巻いている
とても素敵な一品です。

1950年頃の
イギリス製と想われます。



・可愛らしいポーセリン(磁器)のお花イヤリング。
 4500円。


ガクやおしべの一本一本まで
拡大鏡を使わないと見えないくらいまで
精巧に作られています。

ポーセリンといえばスペインのリヤドロが有名ですが
こちらのイヤリングもかなりの技術を持った
ポーセリン工房のお土産と想われます。

野の花の似合う方への贈り物に。


・可愛らしいマーガレットのイヤリング。
 2000円。


ギンガムのワンピースにバスケットをもって
野原でピクニックしたくなる
そんなイヤリングです。

大ぶりですが軽く、柔らかい素材なので
長時間つけていても負担が少ないです。

刻印がないので確定はできませんが
1950年代のアメリカ製になります。

・可愛らしいガラスのお花イヤリングです。
 ・4500円。


ひとつひとつ丁寧に作られた花たちが
耳元を可憐に彩ってくれます。

どこの国から来たのかわからないのですが
細かい作りに職人さんの魂を感じます。

ワンピースでお洒落にも、
デニムにボーイッシュにも
どちらも素敵です。


・オレンジの木の実のイヤリング。
 

2000円。

金具の後ろに
 “W.GERMANY”
と刻印があります。

一見、新しいもののように見えますが
1950〜60年頃に西ドイツで
主に輸出用に作られたイヤリングです。


このころのものはとても凝った作りになっていて
今にないデザインがとても素敵です。

大ぶりですが樹脂なので軽く、
長時間つけていても負担になりません。

ぜひ麦わら帽子をかぶって一緒にお出かけして欲しい。



♪オンラインショップはこちら♪

author:, category:新入荷商品, 21:04
comments(0), -
5日目 金沢そして東京へ

楽しかった旅もそろそろ終わり、
今日は東京に帰る日であります。

旅慣れぬせいで
行きが飛行機なら帰りも飛行機と思いこんだ我々は
せっかく新幹線が停まる金沢駅周辺にいるというのに
帰りも飛行機で予約したため、
夕方のフライトに間に合うように
2時過ぎには金沢を立ってバスで1時間かかる
小松空港まで行かなくてはならないのであります。

時間がないながら急ぎ足で金沢探検。

駅から離れたところにポツンとあった
アタゴオルという喫茶店。


ふにの好きなますむらひろしの漫画の名前。
入りたかったけどやっていなかった。

ホタル石よりも短い営業時間と営業日が書かれている
紙が扉に貼ってあったけど
その通りにやっているかははなはだ不明。

星街珈琲店より入るのが難儀そう。

星街珈琲店:アタゴオル上空に浮かんでいる星街の中にある
      お客から逃げ回って営業している珈琲店。


金沢の地図に商店街と記載があるのを見つけて
古いお店がありそうだから行ってみよう!!!
と来たものの、
すっかり新しくなっていて
流行の洋服の店ばかり。

やっぱり駄目か…。

とあきらめかけた、その先。
新しい商店街が終わり、
大きな道路の先に古そうな通りを発見。

行ってみるとそこは古い建物が残り、
その建物を改造した雑貨屋さんや
骨董屋さんの通りに。

ものすごく歴史を感じさせる小児科。
医者は嫌いだがここなら入ってもいいかもしれない。

ものすごくサトちゃんが集合していた薬屋さん?なのだろうか?



そんななか、万年筆修理専門という
看板が掲げられた店を発見!!!

万年筆に目がないふにのテンション↑↑↑

中には店主のおじいちゃんとおばあちゃん。

なんとおじいちゃんは御年95歳だそうです。
万年筆を修理し続けて幾星霜。

3坪くらいしかないちっちゃいちっちゃいお店の中に
雪崩が起きそうに所狭しといろんなものが並んでいます。

↓時間がない中、必死に食らいつくふに↓

空き箱が積み重なった床の上に
ペリカンの万年筆が入っていた古い箱が置いてあって
とても素敵なので売って頂けないか聞いたら
そんな箱でよければあげるよーといって
何と下さったのでした!!

古いペリカンの箱。

中身はもうナイ。


金沢でこれが一番うれしい収穫物だったかもしれない。
万年筆はほとんど残っていなかったのですが
棚にポツンとつまらなそうにしている
青いインクをふたビン買いました。

おじいちゃんは
「あんたさーこれ、このインク。まだ使えると思うか?いくらがいいと思うね?」と
いってお買い得価格で売ってくれたのでした。
時間があればもっと発掘できるのに・・・。
また来たいな・・・。

相棒も可愛い雑貨屋さんで
白樺細工の小さい箱をゲット。

あちこちで咲いていた
リュウキンカ。

東京でほとんどみることがないのに
石川県では能登でも金沢でも
あちこちに咲いていました。

花も葉もつやつやしていて
いかにも春という感じです。

名残惜しかったけれど
金沢駅へ戻り、小松空港行きのバス乗り場へ。

出発まで時間があったので
昨日骨董屋さんでもらった金沢ヒゲシールを使ってみた。



この旅のどのショットよりもよく撮れている・・・。

東京へ着くまでどちらがヒゲを貼り続けられるか
勝負したかったのだが
相棒が拒否権を発動したため始まる前に試合終了。
そうこうしているうちに
人も増えてきたのでヒゲを外して大人しくバスを待つことに。

そこへ外国人の家族が。
バスに乗りたい様子。
お父さんと想われる40代の男性が
「バスのチケットはどこで買うんでしょう?」
とバス乗り場に並んでいた
これまた40代の男性に聞くも
「英語わかんないです」といわれ沈。

ふにも英語はわかりませんが
いつもお店で海外のお客様を
煙に巻いている相手しているので
何がいいたいかは察しがつきます。

なのでさっき買ったチケットを見せて
ふに:「チケット?」
お父さん:「YES!!」
ふに:「フォローミー」
何でもオーストラリアから
10日間、遊びに来たそう。
そして無事、券売機の前に到着。
しかしここでもう一つ壁が。
大人と子供の表示。
お父さん:「うちの息子はどっちですか?」
券売機には何も書いていない。
うーん、たぶん、
ふに:「トエルブ、アンダー、チルドレン!!」
お父さん:「oh,thank,you。うちの息子は大人だ」

こうしてオーストラリアファミリーは
無事バスチケットをゲット!!

国際親善に役立ててふにもうれしい。

バス乗り場でも頑張る水仙。

あっという間についた小松空港。

搭乗手続きを済ませてフライトを待っていると
こんなアナウンスが。
「本日16:00発の羽田空港行きを次の便に乗り換えてもいいという

お客様がいらっしゃいましたらスタッフにお申し出ください。

現金1万円もしくは7500マイルを差し上げます」

 

な、なんだってー!!!
ざわめくロビー。

何かよっぽどの事情があって
どうしてもこの便に乗らなければならないのか。

出来れば人助け+1万円ゲットしたかったが
これを逃すと帰りのバスがなくなるため断念。

結局誰も申し出ないまま、飛行機は出発。

ANAのシートはRECAROだった。

空飛ぶ水仙。
キャビンアテンダントさんにきれいですねっていわれた。

帰りは東京環状線で事故があり、
3時間以上かかり最寄駅から家へのバスは終バスで
危ないところでタクシーになるところだったのでした。

旅は楽しかった。
でも我が家のベットの寝心地は最高。

3日間くらいは旅の緊張が続いていて
毎朝6時くらいに目が覚めてしまいました。

輪島の朝市通りに一軒だけあった
骨董屋さんで100円で買った
アオイガイをガラスドームに入れて飾ってみた。
今度は東北に行ってみたいでアリマス。

author:, category:お出かけ, 21:30
comments(0), -
4日目 金沢

今日は相棒が兼ねてより来たいと
願っていた金沢21世紀美術館に来ています。

ところがめちゃくちゃ混んでる!!!
延々続く長蛇の列・・・。

コミケ経験者ならともかく
行列な店に入ったことなど
からきしないレベル1の勇者ふには
見ただけで帰りたくなりました。

が、ここに来るのが夢だったです!!
本当に来れるなんて夢みたいです!!!と
終始テンション平常値だった相棒が
キラキラした目でみているのをみると
帰りたいなんて絶対云えないのであります。

テントは持ってこなかったが
いざとなったら段ボールで
ヘーベルハウスを建てることにして
とりあえず腹ごしらえをすることに。

ミュージアム併設のおされなビュッヘへ。
ここも混んでいたが何とか30分で入れました。

背が高いスツールのカウンター席もあったのですが、
着物でしかも短い足族の我々に同情して下さったのか、
足の短い我々でも落ちる心配のない
ゆったり座れる窓際の一番いい席に案内して下さり一安心。

前菜やスープは自由にバイキング形式。
混んでいてメインの料理が来なくても
とりあえずお腹が満たせる。

しかしお腹の空いていた
我々は思わず前菜を取り過ぎてしまい
メインのパスタが来る頃にはお腹いっぱいという悲しい事態に。

庶民の哀しさよ。

デザートは桜アイスフルーツパフェ。


腹ごしらえができたら
行列へいざ!!出陣!!!
割とあっさり30分ほどで入場できた。

そしてこれが相棒が見たがっていた
プールの底に入れる展示物。

しかし天井がアクリル板でふさがれた
小さいプールの底に
ギュウギュウに人がつまっている
その暑さをご想像いただけるだろうか?

おそらく夏季には危険のため
立ち入り禁止になるのではないだろうか・・・。

このようにプールの底に立って溺れているような
不思議写真が撮れるのですよ。

相棒の着物は昭和初期の光沢のある繻子を縞に織り込み
薔薇模様を浮き上がらせている手の込んだもの。
帯は黒地にクロスステッチの薔薇。
帯どめはガラスにインタリオ技法で薔薇を彫ったもの。

ふにの着物は男物の紬に桜の刺繍の帯。
帯どめも桜。

男物の着物は質の良いものがたくさんあるので
おじいちゃんの着物がある人はレッツチャレンジ!!

縫い留めてある袖口を解いて縫うだけなので
1時間もあればおじいちゃんの
形見の着物が自分仕様に。

帯どめもバックも手袋もショールも
アンティークの一点物。
といってもふにが10代から20代にかけて
こつこつ集めたものなので
お値段も着物4000円、帯2000円、
帯どめ800円と3000円、バック3000円、
手袋500円。
といった感じで
着物でお洒落してみたいなという
女の子がちょっと頑張れば買えるお値段。

この日のために東京からホテルに向けて
着物を2人分送っておいたのであります。

旅行先で着物を着るのはちょっと大変だけど
自分のお気に入りのコーディネートで
旅先の風景に収まるのは旅のわくわく感が
確実に5倍くらいになる気がします。

みなさんもぜひ♪

金沢はレンタル着物屋さんもたくさんあって
美術館でも色とりどりの着物を
着た女の子たちによく出会いました。


もじゃもじゃの壁。

何とかの部屋。
天上に切り取られた四角い穴から
空が見える。

そして展示は終わった。。。

15分で見終わるこじんまり感。

断言しよう、
たぶん、金沢人、絶対ここ来ない。

東京人が東京タワー行かないと同じで
小学校の社会科見学とかで来たら
プライベートでは絶対来ないと思う。

あ、でも
平日の昼間にふらっと来て
ぼんやりするにはいいと想う。

箱根彫刻の森美術館クラスを期待していたのだが。

これなら立川駅北口のアートの方が
すごい。
(タダだし)

でも相棒の気は済んだし
これでともかく21世紀美術館には行ったっていえる。

気を取り直して
金沢の街並みを探索。

雰囲気のあるドアがたくさん。



味のあるごみ入れ。
中には本当にゴミが入っていて使われていた。

東茶屋街の路地。
スウェーデンの団体さんがいて
捕まり、写真撮られた。

相棒、ふに、見捨てて逃げる。

町家を解放した休憩所。
かくれんぼうしたい。



川のほとりに
いい感じに苔むした石段を発見!!!

こちらは古い町家を改造した
活版印刷のデザイン事務所。

これから働くところの印刷機君と
出番を待つ活字たち。

 

文化財になっている建物の中が骨董屋さんになっていた。


ふにもこんなところで商売したい。


しばらく歩くとまた町家を改装した休憩所に。
閉館時間を過ぎようとしていたのに
係りのおじさまが丁寧に説明して下さいました。

江戸時代の手毬。
左一番奥の鯛の柄が可愛い。

 

古い手芸屋さんを発見してので入ってみた。
床から天井までうずたかく毛糸が積み上げられている。

やっているようなのですが
お店の方がいません。

何度か呼ぶとやっと奥から
優しそうなおばあちゃんが。

毛糸の卸をしていたそうで
その関係で今もたくさんの毛糸があるそう。
今はもう見なくなった懐かしいかせの毛糸も。

夢中で発掘していたら
「そんなに手芸品が好きなら嫁に来んかね?
42の息子がいるんだけどもどうかね?
あんたあさぁ、嫁に来ればあ、
ここの店がまるっとお前さんのものになるけえ」
「もうちっとまっとけ、今息子けえってくるに」
というわけで坪庭など見せて頂いて待っていると
待望の息子さん帰還。

お母さんにそんなに心配されるんじゃ
どんな人物かと思いきや←失礼
相棒といだいた印象は
別に普通のいいおじさんお兄さんじゃん。
なんで結婚できないんだろうか。
でありました。

ほら、この人、東京から来てるんだって。
今、お前のお嫁に来んかねって話していたんだよ。
と猛プッシュするお母さん。

優しそうな息子さんはそんなお母さんに引くこともなく
ゆっくり見ていって下さいねと紳士な対応。

早く素敵なお嫁さんがみつかるといいデスね☆

そんな会話の結果手に入れた戦利品がこれだ↓

ピンクや赤のプラスチックで出来ている
昭和30年代の指ぬき。

前に店で売っていた時は
美大生がよく指輪として買っていってくれて
すぐに売れてしまった。

箱も可愛い。

糸巻きとクローバータッピ―の箱はいただきました。
おばあちゃん、ありがとう。
お嫁に来れなくてごめんにょ。

毛糸屋さんを出た時には日は暮れかかっていて
しかも予想外に歩いてきてしまった我々にホテルは遠く、
金沢人の暖かいおもてなしの心に触れた身に
余計、夜風が染みるのであります。

そんなとき、何かとても暖かい明かりが。

しかも珈琲と書いてあるということはお茶が飲める!!




中に入った我々をいらっしゃいと迎えてくれたのは何と
ぬいぐるみのような犬の店員さん。
名前は団子さん。

加賀棒茶オレとラム入りチャイを頼んだら
とても可愛い雪だるまクッキーがついてきた。


骨身に染みる温かさ…

小腹が減っていた我々はパンも注文。
お皿可愛い。

もとは古い履物屋さんだったそうで
半分はカフェスペース、もう半分が雑貨屋さんになっています。

本棚が置いてあって自由に読むこともできます。

くつろいだ様子の常連さんがお二人。
親し気に話しかけてきて下さって
初めてきた感じがせず。

弟に手紙をしたためてみる。

東京に来たらぜひうちにも遊びに来て下さいといって
後ろ髪を引かれながら後にしました。

みなさんも金沢に行かれたらぜひ♪

カフェ コラボン

お店の雰囲気そのままの
優しい店長さん(人間)が迎えて下さいます。


向かいにあった素敵な傘屋さん。


なぜか置いてあった巨大な魚オブジェ。
とりあえず頭を突っ込んでみる。

author:, category:お出かけ, 21:07
comments(0), -
3日目 輪島の朝市編

ずっと来たかった輪島の朝市に来ています!!

思ったより閑散としているけれど
干物の店がたくさん出ていて
いかにも海辺の市という感じなのでアリマス。

買いたいものは
干物とラッパ水仙。

花はみんな好きだけど
中でもものすごくラッパ水仙が好きなので
朝市で売ってるかなあ〜
と期待☆

(旅先で切り花なんかかってどうすr)



こんな引き売りの車の干物屋さんも。
ふにもこれで商売したい。

年季の入った自転車。
かっこいい☆

ホウレンソウなんか
藁で束ねられています。

おばあコレクション。
みんなとても優しくて
自分のおばあちゃんみたいなのでアリマス。

このおばあからは銀杏を買った。


梅干おばあ。

梅干があなた、なんと!!
1キロ1000円という驚きの安さ!!!
しかも美味しい。

赤い梅干のたくさんの中、
このおばあだけ黄色の梅干を並べてて
聞いたら塩を使っていないのだそう。

「食べてみい」とひとつ摘まんだら
体にじんわりとくる
甘酸っぱさでとても気に入り、
2袋買いました。

赤い梅干も買った。

来た!
ラッパ水仙!!!
ふにのテンション↑↑↑

こちらが水仙売りのおばあ。
失礼。まだおばあじゃない。

店に座らせて頂きました。
壁がない店って気持ちいい。
「花いらんかね〜〜」

こちらのおばあは白いラッパ水仙を売っていた。

「あんた、どこからきたん?東京からかあ」

一束(1本ではない)100円。
3束買った。

こちらは露店の花屋さん!!
バケツをとんとんと置いて瞬く間に花屋の完成♪

造花じゃなくて生花なのです。


たこの干物。
ぺったんこ。

たこって立体感あふれる生き物なのに
こんなにぺたんこになれるのですね。

ビー玉じゃなくてイカの口。

路地に洗濯物じゃなくて干物。

朝市通りには朝市の戦利品を
焼いて食べられる炭火焼コーナーがある。

炭と七輪とお箸と紙皿を
無料で貸し出して下さるという太っ腹。

さっそく銀杏と豆餅とシイタケを焼いた。

おまけでもらったサヨリ。
とてもさわやかな潮の香りがして美味しい。

〆の干し芋。

おもわずまったりしてしまい、
ホテルのチェックアウト時間を過ぎ
友人に干物の番を頼んで
大慌てでいったんホテルに荷物の引き上げに(汗)。

路地を一本入ったところに
古くて趣のある建物がたくさん。

輪島を堪能した後は
一路金沢へ。

のはずだったのですが
もう一度貝を拾いたいと思い、
増穂が浦へ寄り道。

3度目の正直。

へんなエイリアンの頭がたくさん落ちていた。
壊れてないのは中々ないけど
何個か拾った。

そしてまた西海丸へ。

店の人に顔を覚えられていてやっぱり笑われた。
三回目のこの日が一番味覚が戻りつつあって
味が分かった。

こんなに美味しいお寿司が食べられるなんて
いいなあ、能登半島。

お寿司も食べたし、
さあ!!!本当に金沢へ出発!!!

途中で砂浜の上を車で走れる日本で唯一の道路。
なぎさドライブウェイへ。

天候が悪いと通行止めになってしまうのですが
この日は快晴。

もっと走るとことが決められているかと思いきや、
何もない、だだっ広い砂浜を縦横無尽に
(人にさえ気を付ければ)走り回ることができます。

かなり波打ち際を攻めてみた。

車の窓から潮干狩りができる!!!


トヨタレンタカー、ごめんにょ。
めっちゃタイヤが潮に。

4WDじゃないとダメかと思っていたが
とても固い砂でオートマでも全然大丈夫。

しかも8キロもあって延々楽しめる。
個人的にかなりお勧めのスポットでアリマス。

 

そんなこんなで何とか無事金沢に到着。
レンタカーを返しに行って
帰りに寄ったコンビニで
なんとスガキヤのラーメンが!!!

昔、東大和のダイエーに入っていて
お買物帰りにいい子にしていると食べさせてもらえた
懐かしの味。

まさしく記憶の味だった。
調べたらネットでも売っているたので帰ったら箱買いしよう。

author:, category:お出かけ, 14:32
comments(0), -
2日目 貝細工の匠と出会った・・・。

2日目も寒いけれど晴れてよかた。

今日はお昼まで貝を拾ったら
輪島に向けて出発です♪

ホテルのお姉さんに聞いたら
ホテルの食堂から直接海に出られる道を教えてもらった。

人っ子一人いない長い長い廊下を
ちょっとRPGみたいだねといって歩きました。

出たぁ〜〜!!!

かの有名な日本一長いベンチがあるのですよ。

今日の収穫。
ベニガイやサクラガイ。

偶然、ゴミがツルになっていた!!

これは持って帰れない…。

砂浜を2時間ほどうろうろしていたら
向うから貝を拾って歩いてくるおじいさんに出会いました。

何でも40年船乗りをしていて
陸に上がった後も海が好きで
毎日こうして貝を拾って歩いているとのこと。

東京から桜貝を拾いに来たというと
「作っている貝細工をみせたいなあ〜うちにこんかな」
といわれたので
知らない人についていき、
いきなりお宅訪問!!

掌に乗るような小さな貝細工かと思いきや、
でかい!!!
1メ−トル×2メートルある作品が所狭しと並んでいる!!

さらに2階の大広間には一面ツメタガイを
張って作られた2メートルのスカイツリーや、
壺やランプなど、ともかくすごい。

市役所や公民館にお誂え向きの
大物級の作品ばかりです。




この鳥は可愛い。


私たちがちまちま拾っていたサクラガイなんか
バケツ何杯分かというくらいありました。

20年間、コツコツ集めてきたとのことで
この貝でどういう作品にしようか考えるのが
とても楽しいそうです。

最後にツメタガイで
出来たウサギの貝細工と
今日拾った分の貝をプレゼントして頂きました。

昨日行ったお寿司屋さん”西海丸”にまた行ってしまい、
東京にこの店を背負って帰りたい・・・
といったらお店の人に笑われたのでアリマス・・・。

お寿司も食べたし、元気よく輪島へ向けて出発!!!

さようなら、増穂が浦・・・。

途中で寄った灯台。
トトロが出てきそうな緑のトンネル。


途中、藁ぶき屋根の古い集落を抜けながら
輪島へ無事に到着。

輪島駅にある古い駅舎。


宮沢賢治の童話に出てきた
シグナルとシグナレスみたいな信号機。

夜はゴーゴーカレーという
友人曰く、ビーフシチューとカレーの合いの子みたいなカレーを食べました。

山盛りのキャベツがついてくる。
こってりとしたカレーと好相性☆

author:, category:お出かけ, 14:04
comments(0), -
日本海だー!!

今、石川県の能登半島は
増穂ヶ浦に来ています。


日本三大桜貝の名所で
貝拾い。

貝殻はたくさんあるものの
中々割れてないのが見つからず。

理由はすぐに判明。
道の駅のお土産コーナー。


地元の人いわく、
朝早くプロの人が拾うから
それを上回る早起きさんで
ないと拾うのは難しいそうでアリマス。

だんだん面白漂着物探しに。

巨大浮きにフジツボが
くっついて惑星みたくなってる。

ホンダワラ(海藻)の浮き袋。

見捨てられた鳥の卵を拾った!!

何の鳥なのか......。

たくさん落ちてる白樺の皮。

古文書みたい。

しかし
今日の一番はこれだっ!!

題名:躍動する醤油魚の群れ。

3時間ほど拾って
お昼。

普通の回転寿司に入ったのに
人生ベストテンのお寿司のランクを
やすやすと塗り替えた。

めちゃめちゃ美味いでアリマス。

人生初ナマコ!!

こりこりしていてイカみたい。

うにっ!!

地元のスーパーで売ってた
パンの袋が可愛い。






一日拾って今日の収穫。


夕飯はエビ。

とカニ。

author:, category:お出かけ, 23:22
comments(0), -
卒業おめでとう!!!


卒業できた君も出来なかった君もおめでとう!!!

今日はムサビの卒業式でした。
ずっと通ってくれたみんな、ありがとう!!

偉くなってかえってくるんだぞ。

それまでつぶれないように鳴かず飛ばずでがんばるから!!

みなみちゃん、買ってくれたパンダの鉛筆削りで
たくさん企画書、書いてくれたまえにょ。

卒業おめでとう!!!

卒業するもの在れば入ってくるもの在り

〈今日の新入り〉

鳩さん印の貝ボタン。

昭和30年から40年くらいでしょか。
大きさが違う貝ボタンがついたシートたち。
手芸屋さんからのデットストックです。

ふには自室の机の前に
可愛いボタンシートを並べて飾っています。

小さいのでいくつかまとめて額に入れても素敵です。

1シート200円。

〈今日の出来事〉

家のWCに入っていたらぞくぞく
弟たちが集まってきた・・・。

集中できない上に 
せ、狭い。

↓三男(3にゃん)と四男(4にゃん)↓
 長男と次男(じにゃん)もいた。


 

author:, category:新入荷商品, 22:13
comments(0), -
予防接種は子供時代の恐怖。確定申告は大人の恐怖。


美大前のポストに
通販発送商品を投函しにいった帰り、、
美大の路地にすみれが咲いているのを発見。

たまには地に足をつけてみるのも
いいものだなあ〜

確定申告のため、
だいぶ心がすさんでいたが
すみれのおかげでやや回復♪

こんにちは、ふにです。

ただ今、全力で確定申告作業を進行中なのですが
度々発掘される謎に行く手を阻まれているのでアリマス。

↓発掘された謎のレシートその1↓

駐車券なのは明白だが
ネコの目割引って!?!

まさか人間界ではなく
獣の世界の駐車場に停めてしまったというのか?!

特に車にヒゲが生えていたりはしていなかったようだが・・。

その2.

こちらはお客様からの買取領収書なのでありますが

”なべつかみ イギリス王” って・・・。

王というからにはビクトリア女王やではなく
ジョージやエドワードとおもわれ。

そして機能はなべつかみ。

早く終わりたい・・・。

author:, category:ふにのつぶやき, 22:15
comments(0), -
みんなで力を合わせればたいていのことは可能☆

無事にグループ展、終了しました。

ご来展来て下った方々、ありがとうございました。


おんぼろなアトリエが素敵な展示会場に。


編んでいた毛糸のたんぽぽベスト、
大きすぎて失敗したので
リベンジ用に編みやすいと
評判の近畿の輪針、買ってみました。

確かに針先から毛糸が逃げず、
さくさく編める。

個人の好みがあるので何ともいえないけれど
ふには金属やプラより竹針が断然好きかも☆

前のは失敗したんじゃなくて
ゲージを取るためだったからいいんだもん!!

失敗なんかじゃないんだからねっ(泣)!!

今度うめくいかないと
もう後がないのであった・・・。
物理的に。
←毛糸がないから

↓プロトタイプ2↓

author:, category:-, 22:19
comments(0), -
みんなで力を合わせて展示するんだ!!

♪今日はグループ展のお知らせです♪

3月7日(MON)〜13日(Sun)まで
ホタル石の隣のアトリエで
ムサビの芸術文化学科生5人によるグループ展
”灰色ペンギン”が開かれます。

今も何やら一生懸命、
寒い部屋でカップラーメンと
湯たんぽ片手に部屋一面にそれぞれの絵を目下制作中!!

お近くまでいらしゃったら
ぜひ見にきてやって下さいませ。

author:, category:-, 17:19
comments(0), -
薔薇にたくさん囲まれてお茶会を開きたい

ルーサイトの薔薇ブローチ、
お嫁に行きました。

可愛がってもらうんだぞ。



〈今日の新入り〉

つる薔薇のティーカップたち。

セブンチャイナというブランドが作っていた
おそらく1960年代のビンテージカップです。

たおやかなつる薔薇が手書きで描かれた
素敵なカップ。

この他にもクリーマーや、シュガーポットなどもあって
シリーズでコレクションしたくなります。

author:, category:-, 15:13
comments(0), -
遠路はるばる〜

本日のお客様は何と!
神奈川は茅ヶ崎から!!

といってもホタル石に直接ではなく
小平にある手仕事雑貨のお店、”オケモト”さんで
個展だったそうです。

「絶対好きそうな変な雑貨屋があるからいってみて」
と紹介で来て下さったそうで
ありがとうございます。

レトロで可愛いものが好き☆とのことで
「近くにあったら毎日来るのにな〜」と
店内をがらくたお宝発掘していって下さいました。

怪しい不思議な雰囲気のおじお兄さん。

神奈川県茅ケ崎市のアトリエで
ポリエステル樹脂で作られた
可愛くてどこか懐かしい小物たちを制作されています。


着用されているつなぎが可愛いかったです。

お店や個展を紹介されたDMが
これまたとてもレトロで素敵☆

切り抜くとキンドーオープンカーができる!!
たくさん頂いたのでご希望の方はどうぞ♪

神奈川県茅ケ崎市 南湖4−3−26
ナスナスショッピ*アトリエ
毎週:金・土
10:00〜18:00

author:, category:今日のお客さま, 15:25
comments(0), -
ガラス切りは気合!!

ガラス、切ってます。

こんにちは、ふにです。

木とガラスで出来たレトロな標本ケース。

作品の展示や宝物を飾りながら保管できるので
ホタル石でも人気の商品です。

でも実はとても手間のかかる子でもあります。
なぜならみんなに選ばれる素敵な
コレクションケースになるには
あちこち整形改良してやらねばならないからです。

改良点:その1

裏側には合板がはまっていて
そのままだと光を通さないので
せっかくのコレクションがいまいち際立たない。
ので、ガラス板を切って嵌めなくてはなりません。

そのためにはいったん全ての木枠を外して
ボンドをつけて組み立て直さなくてはならないのであります。

↓背面の合板をガラス板に変えて4面ガラスになった標本ケース↓

その2:取っ手

たいていあまり素敵じゃない金具の丸いつまみが
ついているので昔のクラシックな真鍮の取っ手に交換。

これも、もともとついてるつまみの穴を木で埋めてから
新しく穴を開け直してつけてあげないとなりません。

その3:中板はめ

鉱物やアクセサリーなどの小物を
たくさん飾れるように中板もガラスでつけます。

使う道具はこれだ!!

一般人は余り見る機会のないガラス切りの道具。
歯先は人工ダイヤ、筒の中にはオイルが入っていて
ガラス板の上をなめらかに滑るようになっている。

ホームセンターで2000円くらい。

嵌めなくてはならないガラスケースの内部。
ガラス板を受け止める棒の受けが5ミリずつしかないので
カットは1ミリの誤差も許されない。

勘と経験がものをいうこの作業。

古道具屋になって初めのころはよく失敗しましたが
あれから幾星霜。

もはや何百枚も切ってきたわしに怖いものなどないわ!!


暗くてちょっと見ずらいが
みよ!!このぴったりとハマったガラスの中板を!!!

↓さっそく鉱物をディスプレイしてみた↓

逆光であまりよく写らなかったけど
肉眼で見ると光が透けてとてもきれいでアリマス。

作るのが大変だからあんまり早く売りたくないけど
またすぐお嫁に行ってしまうのだろうな〜。

標本ケース、8500円で販売中です♪

↓部下が超絶技巧作業を成功させても
 微笑むだけのカタツムリ店長↓

author:, category:新入荷商品, 17:18
comments(0), -
リエムは珈琲味が好き。

お客様へのお手紙をマーガレット型にしてみた。
久々の厚紙工作、中々楽しい。

こんにちは、ふにです。

今日は天気が怪しい中、
仕入れに行ってきました。

〈今日の新入り〉

・ルーサイトのインタリオ技法の薔薇ブローチ。

ルーサイト:1941年にデュポン社が特許を 取得した、
      透明で強度のある、アクリルの樹脂。

インタリオ:ガラスや樹脂に裏側から模様を
      彫り込んで色を付けた技法のこと。

インタリオ技法で作られたアクセサリーは
まるで水中に浮かんでいるような
透明感がため息が出るほど素敵で
ふにもガラスのスミレのブローチと
薔薇のガラスのブローチを持っています。

たおやかな薔薇を彫り込み、
周りをくるりと取り巻いているレースのような
模様がとても素敵な一品です。

1950年頃の
イギリス製と想われます。

6500円で販売します♪

(曇っていてオンラインショップ用の画像が撮れなかったため、
 オンラインショップ販売開始もう少しお待ち下さいませ)

もう二つは
レジンのお花ネックレスとブローチです。

こちらも水中に閉じ込められているような
お花がとても素敵で
コレクションしている方も多いのですが
近頃は中々見つからず(泣)。

珍しく大ぶりの雫型のレジンの中に
立体的に閉じ込められた小さな花たち。

チェーンをつけて
3500円で販売します。



こちらはスミレのブローチ。

セピア色の花びらが
過ぎ去り日の想い出を語っているようです。

3000円。

こちらも画像が撮れ次第、
オンラインショップにて販売します。

author:, category:新入荷商品, 12:46
comments(0), -
お風呂場のカビもパンを膨らませるイースト菌も同じ仲間

今日は雨のため、店はさぼ
お休みなのであります。

せっかくなので
パンでも焼くことに。

パンは作り出しから
焼きあがるまでに5,6時間かかるので
休みの日じゃないと出来ない。

この間は冷蔵庫から出したての
冷たい牛乳を入れたせいでイースト菌が働かず
ものすごく歯ごたえのあるパンになってしまったので
今日は予備発酵させることに。

スープジャーにぬるま湯(40℃)と
お砂糖小さじ1、強力粉小さじ1入れ
ドライイーストを5グラム入れます。
よくかき混ぜて15分ほど置いておくと
中がシュワシュワ泡立ってくるのであります。

↓よくみえないけどこんな感じ↓

うっかり蓋をきっちりしてしまい、危なかった。
開けるときポンッ!!!ってすごい音がした・・・。

〜良い子のみなさんは必ずゆるくふたをしませう〜

ヨーグルトのような強いイーストの香りがします。

そしたらパン焼き機に材料を全部投入。
コーンパンにするのでコーンも投入。

予備発酵分に使ったお湯を引いて牛乳を入れなくては
ならないのを間違えたため、
生地がドロドロに(泣)。

仕方ないので粉を足したら
今度は多すぎてまたお湯を足すという
魔のスパイラルに。

パン焼き器の規定量の倍、
800グラムをこねさせることに…。

「この老体に鞭打つ仕打ちじゃ!!」と
言いながらもこねてくれたパン焼き機に感謝。

↓一次発酵までやってもらいました↓

一次発酵した生地を取り出して
↓巨大ナメクジみたい↓

打ち粉をして

ちぎって丸めて

ハイジの白パンになるよう
木へらで押して割れ目をいれます。

霧をたっぷり吹いて
今度はオーブンに入れて40℃で二次発酵を2時間。

生地が1,5倍〜2倍に膨らんだら発酵終了☆

オーブン150度で15分焼きます。
いい匂いが部屋中に漂ってきたら
〜焼き上がり〜


今回はちゃんとイースト君たちが
働いてくれて中もふわふわモチモチ☆

冷めたらジプロックにしっかり密閉して
冷凍庫で1か月もちます。

これで当分朝ごはん確保!!

今度は枝豆入りも作ってみようかと想いマス。

author:, category:楽しいお料理教室, 12:46
comments(0), -
ぎゅうぎゅう

ハイポネックス粉タイプを買ってみた。
こんにちは、ふにです。

一体何かといいますと、
植物の栄養ドリンクなのでアリマス。

おじいちゃんちの観葉植物の鉢に
刺さっている注射器のアンプルみたいなの。

あれの、粉バージョンなのでアリマス。

前は原液タイプ↓(水で薄める)を
使っていたのですが

微粉タイプ(水に溶かす)が
あることを知り、注文。

コスパは原液タイプが
800ml¥593
微粉タイプが
500g¥873と
(どちらも水1ℓに対して1gか1ml)
微粉タイプの方がやや高い。

なら、原液タイプの方がお得じゃん!!と
想ったあなた。
そしてわたし。

品質表示をよく見るんだ!!

原液タイプは
チッソ・リン酸・カリの割合が
6−10−5に対して
微粉タイプの方は
6.5−6−19!!
カリの方が5倍近くも多いぞ!!

学校でならったけどもう忘れた人も多い、
植物の成長に必要な成分。
チッソ、リン酸、そしてカリ。
これはそれぞれ葉・花・根を育てるのに必要なもの。

つまり、ものすごく大雑把にいうと
ホウレンソウ(葉)には葉っぱに効くチッソ、
パンジー(花)には花に効くリン酸、
ジャガイモ(根)にはカリをやれ!!と
いうことなのであります。

つまり売られている花苗は生産者さんが
「葉っぱも根っこもがっちり育てたから
 あとは花を楽しんでね」って
売られているわけです。
なので花をたくさん咲かせるための
リン酸が多く含まれた原液タイプ。

それに対して微粉タイプは
自分で種から育てたい人や、水耕栽培などの
こだわりたい人向けなのであります。

ふにのプランターは只今
♪絶賛アブラムシ発生中♪でして
これというのもパンジーやらプリムラやらを
育てていたプランターに
何処からか飛んできたタネツケバナが
たくさん生えてきて
雑草とはいえふにもふに母も
好きな花ゆえ放置していたところ、
あっという間にパンジーが見えなくなる勢いで成長。

タネツケバナを引っこ抜いた後に残されたもの、
それは、ほとんど棒状態のパンジーと
生き残った大量のアブラムシ。

フリル咲きのパンジーはやはりお嬢様育ちだけあって
野生児タネツケバナとはシェアできなかった。

なので花を咲かせる以前に
パンジーには根っこからやり直してもらいたい。

効いてくれ!!ハイポネックス!!

↓微粉ハイポネックスの中身↓

携帯していたら絶対空港で止められる。

計量スプーンがついていてわかりやすい。
しかし、うっかりくしゃみをすると悲惨。
人間に害はないが胸が大きくなったりはしない。

500倍と書こうとして
¥500と書いてしまった・・・。

悲しい商売人の性・・・。


〈今日のぎゅうぎゅう〉

雪見だいふくごっこ。

しかしわずか10分後、関係は決裂。

雪見だいふくよりも儚い
猫の友情なのでありました。

author:, category:ふにのつぶやき, 13:45
comments(0), -
ミモザの花が開き始めたらもう春♪

昨日はまさかの雪でとても寒かったですね。
みなさんも風邪ひいてませんか?

ふには蓄積された体内脂肪のおかげか、
今のところ、凍ってはいません。

今日も風が冷たくて
誰も来ないかな〜と店をやっておりましたら
都内から素敵なお姉さんがお二人、
実験器具や蛍石などを買いに来て下さいました。

↓何百個とある蛍石の中から選ばれた蛍石↓



心なしか誇らしげ。


〈今日の新入り〉

かたつむりみたいな巻尺君。


洋裁用の小さいものは時々入りますが
これは直径が5,5cmある、珍しい大きさのものです。

金属を折り曲げて頑丈に作られています。

真ん中の取っ手をぐるぐる回して
巻き取るのが面白い。

目盛りテープの字体もレトロで味があります。

5メートルと書いてありますが
4m90cmまでしか引き出せませんでした。

手の中にすっぽり収まる大きさが可愛い。

机や窓辺に飾ると素敵な空間を演出してくれます♪

王女様の王冠みたいなイヤリング


まるで絵本の中の王女様がかぶっているような、
王冠型をした珍しい形のイヤリングです。

1960〜70年代の外国のお土産と想われます。

細い金属で王冠を形造り、
天辺にはマザーオブパールがはめ込まれている、
凝った作りです。

耳元に嵌めると星のようにも
花のようにも見える、素敵な形です。

黒蝶貝のイヤリング


マザーオブパールは真珠母貝と呼ばれ、
その名の通り、貝の内側の真珠層で真珠を作ります。

その貝殻も美しい光沢をもつことから
昔から様々な装飾品が作られてきました。

オーロラや虹のような
自然の作りだす輝きが
とてもきれいです。

光に当たると見る角度によって
様々な色合いに変化します。

お次はコインリング。


通称、ジェニファーソン・ニッケルと呼ばれる5セント硬貨をあしらった
コインリングです。

表には第三代大統領『トマス・ジェニファー』の肖像と
アメリカ合衆国のモットー、In God We Trust「我々は神を信じる」の刻印があります。

昭和40年代、流行った、
籐でお腹をぐるっと編まれた魔法瓶


 

ただのウォータージャグで保温効果がないのも多いのですが
この子は魔法瓶なのでちゃんと保温もしくは保冷してくれます。

タグ付き未使用なので中もきれいです。

2000円で店舗で販売中です♪

花嫁さんハンカチ


これも昭和40から50年代に
結婚式の引き出物として流行ったらしい。

ハンカチが女の子のドレスになっていて可愛い。
ドレッサーの上に飾っておきたい。

author:, category:新入荷商品, 17:36
comments(0), -
チョコがいっぱいコレクション
朝ごはんを食べに来たら
炬燵に猫がはまっていました…。

退くように言ったらこの顔デスよ↓

今日の朝ごはん
〈パインクリームサンドイッチ〉
この際カロリーは無視!!


そして夕方、
バレンタイン時期しか売っていない
デメルの花ラベルチョコを買いに立川へ。

グランディオのデメルにはなく
伊勢丹のデメルへ。

頑張っている友人の贈り物に。

こっちは母への土産に猫舌チョコ。
中身は血糖値制限で食べれないから
箱だけおみやげ。

中身はもらった!!

バレンタインとは無関係だけど
可愛い色んなチョコが集まるので
この時期のチョコフェアーは楽しいのでアリマス。

 
author:, category:お出かけ, 18:16
comments(0), -
長い人生で一瞬だけお世話になるもの

今日は表の窓枠と机と棚に
白くペンキを塗りました。

2月とは思えない
温かさで風が吹いていたので
塗るそばから乾いていき、
!ペンキ塗りたて注意!の札を張る間も
なかったのでアリマス。

その後はホタル石ロングセラー商品
”積み木ストラップ“を


通販に載せるための画像撮り。


これはあんまり可愛いのでふに隠匿。

たんぽぽ好きなのです。

昭和30年代から50年代に幼年期を
送った人なら誰しもお世話になったことがあるはず。

木の板にこてで絵柄が書かれた
ひらがな積み木。

作っている会社によって
同じひらがなでもいろいろな絵柄があります。

美大生から幼稚園児、
海外の人にも人気です。

今日はその一部を紹介。

まずは昭和人、憧れの三種の神器シリーズ。

冷蔵庫、洗濯機、テレビ。
否応なく感じさせてくれる昭和感。。。

たぶんこの積み木が作られた頃は
まだどこの家庭も
氷式の冷蔵庫だったはず。

時代を一歩先取りした憧れの
アイテムをチョイスするとは
中々やるな、積み木会社。

ひょっとしたら自分たちが
欲しいものを書いたのかもしれない。

そんな大人の欲望を描き出す積み木。
中々奥が深いのであります。

”ろ”はほぼ例外なく、どの積み木もろうそく。
ブレがない。


かつてろうそくが今のボールペン並に
家庭の必需品だったのを感じさせれくれます。

赤いのはパーティー用、白いのは普段用か?


水辺の生き物シリーズ。

生き物系は書き手の画力がもっとも問われるジャンル。
カエルは気持ち悪くなく可愛くかけている。




が、オタマジャクシー
メイちゃん風に言うとオジャマタクシはいかがなものか。

 ↓昭和のオジャマタクシ↓


何が間違っているというわけでなく、
そういわれればそう、か?と
納得しそうになるけれどもやっぱり何かへんくない?
な昭和のオジャマタクシ。。。

でも。
次に紹介するヘリコプターはもっとすごい。

↓男の子たちの憧れヘリコプター↓

なんか・・・
これ、絶対資料を見ないで
妄想で書いてるでしょ。

ふににはわかるにょ。

気持ちはわかる。
わかるけどももう少し頑張って欲しかった。

そこが・・まあ・・
いいんだけども。

個人的に好きなのがコレ↓

ソラマメ。

ただの豆じゃない。
だってソラマメ。

今までオタマジャクシとか金魚とか
生物名だったのにここでいきなりの
種名指定。

しかもオタマジャクシより上手だし。

カラーリングが実物そのものでなく
ポップなところもセンスを感じさせてくれます。


センスといえば、次のふたつもすごい。


 山と、島。

すがすがしさを感じさせてくれるではありませんか。

積み木だから何となく小さいものしか
書いてはいけないと思い込んでいた
我々の常識をぶち破ってくれたのであります。


このようにとても味のある積み木ストラップ、
これからオンラインショップにて
1つ500円にて販売中です♪

みんなも自分のマークを
探してみよう!!

author:, category:-, 18:25
comments(0), -