RSS | ATOM | SEARCH
ガラス切りは気合!!

ガラス、切ってます。

こんにちは、ふにです。

木とガラスで出来たレトロな標本ケース。

作品の展示や宝物を飾りながら保管できるので
ホタル石でも人気の商品です。

でも実はとても手間のかかる子でもあります。
なぜならみんなに選ばれる素敵な
コレクションケースになるには
あちこち整形改良してやらねばならないからです。

改良点:その1

裏側には合板がはまっていて
そのままだと光を通さないので
せっかくのコレクションがいまいち際立たない。
ので、ガラス板を切って嵌めなくてはなりません。

そのためにはいったん全ての木枠を外して
ボンドをつけて組み立て直さなくてはならないのであります。

↓背面の合板をガラス板に変えて4面ガラスになった標本ケース↓

その2:取っ手

たいていあまり素敵じゃない金具の丸いつまみが
ついているので昔のクラシックな真鍮の取っ手に交換。

これも、もともとついてるつまみの穴を木で埋めてから
新しく穴を開け直してつけてあげないとなりません。

その3:中板はめ

鉱物やアクセサリーなどの小物を
たくさん飾れるように中板もガラスでつけます。

使う道具はこれだ!!

一般人は余り見る機会のないガラス切りの道具。
歯先は人工ダイヤ、筒の中にはオイルが入っていて
ガラス板の上をなめらかに滑るようになっている。

ホームセンターで2000円くらい。

嵌めなくてはならないガラスケースの内部。
ガラス板を受け止める棒の受けが5ミリずつしかないので
カットは1ミリの誤差も許されない。

勘と経験がものをいうこの作業。

古道具屋になって初めのころはよく失敗しましたが
あれから幾星霜。

もはや何百枚も切ってきたわしに怖いものなどないわ!!


暗くてちょっと見ずらいが
みよ!!このぴったりとハマったガラスの中板を!!!

↓さっそく鉱物をディスプレイしてみた↓

逆光であまりよく写らなかったけど
肉眼で見ると光が透けてとてもきれいでアリマス。

作るのが大変だからあんまり早く売りたくないけど
またすぐお嫁に行ってしまうのだろうな〜。

標本ケース、8500円で販売中です♪

↓部下が超絶技巧作業を成功させても
 微笑むだけのカタツムリ店長↓

author:, category:新入荷商品, 17:18
comments(0), -
Comment